中間処理(産業廃棄物)|事業系一般・産業廃棄物収集運搬業・清掃作業<東京23区・神奈川県・横浜市・川崎市>三友環境サービス株式会社

三友環境サービス株式会社

産業廃棄物の中間処理業務

事業活動を伴った事業所から排出された産業廃棄物を処分する方法としては、「中間処理」と「最終処分」に大別されます。
当社の三友環境サービス中間処理センターにおいて、廃棄物の徹底した選別を行い、粉砕・溶解・圧縮・梱包による減量化を行っております。
なお、中間処理後に再生品として(再生)製品としてリサイクルされ、日本のみらなず、海外へも循環されております。

適正な廃棄物処理

排出された廃棄物から、木材、鉄、アルミ、ガラスや紙等、再資源として有効利用可能なものを選別、回収します。またリサイクルできないものに関しては、最終処分場に送る前に、のちの自然環境に害や悪影響を及ぼさないよう、破砕作業を行います。リサイクルの効用としては、資源やエネルギー節約だけでなく、ごみの減量化による環境保全、ごみ処理費の節約、経済活動の活性化などが挙げられます。

適正な廃棄物処理

圧縮処理

地域のリサイクル需要に貢献するため、三友環境サービスリサイクルセンターでは、月間60t以上もの飲料容器処理能力を有したリサイクルWが設置されております。
処理ラインの能力が高い事から、飲料容器の収集業者様が持込処分として、弊社をご利用頂いております。
アルミ・スチールは磁選機で自動選別されプレスまで全自動されます。
ペットボトルは専用機で、こちらも圧縮・梱包まで自動されます。
発砲スチロールは溶解機にて溶解され、資源プラと呼ばれるインゴット製品となり、文房具製品などの原料として出荷されリサイクル循環を構築しております。

圧縮処理

圧縮処理

圧縮処理

PageTop